人気ブログランキング |
トイレットとフラワーズ
日本映画2本を観た。
トイレットは全部が英語だったけど。
2本とも泣きながら観た。

トイレットは、もたいまさこが、アメリカ人の孫たちと過ごす話。
アメリカ人が「ばーちゃん」と呼ぶのがおかしい。
言葉がつながらなくても通じる心や血のつながりの有無などがおもしろい。

フラワーズは、女性の生き方を考えさせられる話。
この映画を観て、二人の子供たちが私の元に生まれてきてくれたことに改めて感謝した。
こんな母親だけど、私の元に生まれてきてくれて本当にありがとう。

いつか私も孫がほしい。
何かいろんなことを伝えてあげたい。
一緒に散歩したり、絵本を読んであげたり、遊んであげたい。
by karamasuu | 2011-05-07 10:30 | 映画
<< カーネーション 北の零年 >>