焼き芋は炊飯器で
楽天のセールで安納芋を買ったはいいが、お芋と一緒にきた焼き芋の作り方の通りに
オーブンで一時間かけて焼いたのに、おいしくなかった。
ネットで焼き芋の作り方を検索したら、炊飯器に1カップの水とお芋を入れて普通に炊けばいいと
書いてあり、やってみたらおいしかった。すごくおいしかった。おすすめです。
[PR]
# by karamasuu | 2013-11-18 21:42 | 料理
僕の父は母を殺した
「僕の父は母を殺した」という本を読んだ。
仲がよかった楽しい家族が突然崩壊した。
12歳のとき、お母さんが海でおぼれて亡くなった。
事故だと思われたが、実は父親が母親を殺していたことがわかり、主人公は父を恨み、殺したいと思った。
そして、荒れて非行に走り、自殺も試みた。
しかし、父親と面会するようになり、気持ちが変わってきた。
父は、母を殺害する前に、養父も殺していた。
その殺害の理由、母親を殺した理由を知り、父が死刑になることを避けたいと思うようになった。
被害者の家族であると同時に加害者の家族でもあり、被害者の家族でも死刑を望まないこともあることを
世の人に知ってもらいたくて、本を書いたそうだ。
まだ25歳くらいで若いので、これからよい人生を生きていってほしいと思った。
[PR]
# by karamasuu | 2013-07-01 08:28 |
命の往復書簡
千住文子、真理子親子の本「命の往復書簡」を読んだ。
素晴らしい本だった。
いろいろなことが心に響いた。
家族、命、女性の生き方、芸術などについて二人が手紙を出し合う。
天才バイオリニストにも、人生にはいろいろなことがあり、乗り越えてきたことを知った。
さっそく千住真理子のコンサートに行きたくなり、予約した。
オペラシティで、お兄さんの明氏もゲストで来るというので楽しみです。
[PR]
# by karamasuu | 2013-06-15 11:46 |
あやとりを後世に残したい

f0028946_14254570.jpg

子供の頃、あやとりが好きだった。あやとりは、指先も器用になり、脳にもいい。
本当ならおじいちゃん、おばあちゃんが孫に教えれば、会話もできてとてもいい。
あやとりという素晴らしい日本の文化を絶やしてはいけないと思う。
今の子たちは、個人個人でテレビゲームをして、二人あやとりなどしないのだろう。
あやとりを教えてもらったり、教えることはコミュニケーションにもつながる。
ご老人にも脳にいいはず。
保育園、幼稚園、小学校、老人ホームなどで教えられたらいいなと思う。
リクエストあったらメールください。
写真は、あやとりで作った「花」です。
[PR]
# by karamasuu | 2013-06-02 14:25 |
くまもんのキャラ弁
f0028946_14524538.jpg

娘にくまもんのキャラ弁を作ってみた。
別の日に、ダッフィーも作ってみたが、そちらはむずかしかった。
今度はキティーちゃんやトトロをがんばってみたい。
[PR]
# by karamasuu | 2013-04-29 14:52 | 料理
バタフライ・エフェクト
バタフライ・エフェクトという映画のDVDを観た。
すごく面白かった。
愛する人を守るために、何回も過去にもどって、未来を変えていく。
自分もどこかの過去を変えたら、どうにか違った今があったのだろうかと考えてしまった。
[PR]
# by karamasuu | 2013-04-24 21:43 | 映画
谷根千散歩
f0028946_1658583.jpg

[PR]
# by karamasuu | 2013-04-13 16:59 | 散歩
谷根千散歩
湯島の駅から、上野公園、谷中銀座、千駄木、根津神社、旧岩崎邸、湯島天神をまわり、また湯島の駅まで散歩した。8キロの旅。
「東京メトロ 谷根千」で検索するとルートが出る。
おすすめルートです。
東京っていいなと思えました。
またいろんなところへ散歩に行こう。
[PR]
# by karamasuu | 2013-04-13 16:52 | 散歩
ブラッドダイヤモンドとThe Lady アウンサンスーチー
映画のDVDを2本観た。
「ブラッドダイヤモンド」と「The Lady アウンサンスーチー」
両方とも平和でなく、人が人を殺す国に生まれ、ひとつの国では少年兵士になり、ひとつの国では軟禁され
家族と離れ離れになってしまう。
2本ともとてもいい映画だった。
The Lady アウンサンスーチーは泣ける。
ビルマが早く平和になるといいな。
[PR]
# by karamasuu | 2013-04-06 17:59 | 映画
居酒屋ノート
新橋にある居酒屋さんには、高校別に書き込みができる居酒屋ノートが2000冊以上あるそうだ。
ネットで調べてみたら私が卒業した高校のノートもあった。
いつか行って、先輩や後輩の書き込みを読んでみたい。
高校って、たった6クラスで3年間のつきあいだけれど、いまだに男女仲良く、年に何回も集まっている。
あの頃はあまり感じなかったけれど、素晴らしい出会いであり、今は存在が宝物になっている。
これからもずっといつまでも楽しく飲み続けたい。
たまには夢をかたり、たまには愚痴り、弱音を吐き、笑い、泣き、そんなことができる宝物に感謝。
[PR]
# by karamasuu | 2013-03-31 15:33 | 知識