「ほっ」と。キャンペーン
<   2011年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧
北の零年
映画「北の零年」を観た。
泣きながら観た。
今まで観た日本映画の中で一番いいかもしれない。
日本がこんな状況だからこそ心に響いた。
何もない北海道を開拓する話だが、時代に翻弄され、人に傷つけられ、人に助けられ
ながら生きていく。
最初、吉永小百合の役は、年齢的に無理があるだろうと思って観ていたが、
最後は、これは吉永小百合だからこそできた役だと思った。
吉永小百合が言う言葉がいい。
「生きている限り、夢見る力がある限り、きっと何かが私たちを助けてくれる。」
そう思わなければ生きていけない。
生きていれば、本当に何があるかわからない。
辛いこともたくさんある。
でも、どんなことがあっても前を向いて生きていくしかない。なにかいいことが起きることを
祈って生きていくしかない。

昨日の夕刊にこんな記事が載っていた。
今回の震災で、車に乗っていたときに震災にあった人がいた。車が津波に流され、もう死ぬだろうと
思ったときに、車が何かに乗り上げ、後部座席から脱出でき、九死に一生を得た。
その何かとは、自分の先祖のお墓だったのだ。
ご先祖様が守ってくれたのだろう。

この映画は、保存しておき、またいつか辛いことがあったら観たい。
[PR]
by karamasuu | 2011-04-17 08:11 | 映画
ウエストを細く
通信販売ですぐれものを買った。

f0028946_1854837.jpg


これに座っていればウエストが細くなるらしい。
確かにウエストに効く。
これから夏までにがんばろう。
[PR]
by karamasuu | 2011-04-06 18:54 | ダイエット
カラスと目が合った
パソコンは、窓際に置いてある。
今、パソコンをしていると、ドタッという音がベランダでした。
パソコンから目をあげると、ベランダのてすりに大きな真っ黒いカラスが止まっていた。
そう言えば、はりがねハンガーが減っている。
16階まではりがねハンガーを狙いにきたようだ。
はりがねハンガーでできた巣はどこにあるのだろう。
見てみたいものだ。
親は、人間もカラスも大変なんだな。
[PR]
by karamasuu | 2011-04-03 08:25 | 出来事