<   2011年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ヴィーナスフォート
ひさしぶりにお台場のヴィーナスフォートへ行った。
ちょうどバーゲン期間中で、よい買い物ができた。
しかし、ヴィーナスフォートは広い。
そしてきれい。
二トリもできて、見るだけで面白い。
娘と買い物して、食事するのが楽しい。
外は寒くて歩きたくないから、室内でたくさん歩けて健康にもいい。
[PR]
by karamasuu | 2011-01-17 09:34 | 散歩
感動の成人式
テレビで感動の成人式を見た。
何人かの保護者が壇上で作文を読むのだ。
中には、数年前に母親をがんで亡くし、その後、その子を育てている祖母が
作文を読み上げる場面もあり、泣けた。
成人式は、20歳になった本人より、親のほうが感動するものだ。
生まれたての頃は、泣くことしかできなかった赤ちゃんが、
20年の間に、泣いたり、笑ったり、怒ったり、けんかしながら立派に育ってくれた
姿に親は感動する。
親たちが作文を読む姿に、多くの子供たちも泣いていた。
とてもいい成人式だった。
どこの成人式でもこういう親の作文があってもいいと思った。
もうすぐ19歳になる息子も「いい成人式だね」と言っていた。
[PR]
by karamasuu | 2011-01-10 08:49 | 出来事
ワンコ1歳
f0028946_2218735.jpg

我が家の犬が1歳の誕生日を迎えました。
犬用のケーキにろうそくを立て、歌を歌いました。
今日は半分だけあげました。とてもおいしいらしく、あっという間に食べてしまいました。
22年2月22日に、生後2ケ月前に我が家にやってきました。
夫ががんで、とても怒りっぽくなっていた頃、そんな自分が嫌で犬を飼いたいと言ったのです。
仔犬は、笑いがなくなっていた我が家に笑いと癒しをもたらしてくれました。
夫も仔犬をとてもかわいがり、もっと遊んであげたかったと言っていました。
よく介護ベッドに寝ながら、自分のおなかの上にのせ、かわいがっていました。
そんな犬も3キロになり、すくすくと育っています。
犬は、夫が亡くなった後も、淋しさを癒してくれました。
そんな犬の存在に感謝です。犬は15年くらいしか生きられないそうですが、一緒に
楽しく過ごしていきたいです。
15年したら、子供たちも結婚し、私はひとりになっているかもしれないけれど、そのときに
淋しくならないよう、今から生きがいをもたないといけないと思っています。
がんばらないと。
[PR]
by karamasuu | 2011-01-03 22:18 | 嬉しかったこと
パリ、ニース、モナコ、アルル
f0028946_21582696.jpg

旅行へ行ってきた。クリスマスシーズンのパリ、ニース、モナコ、アルル。
娘と80歳の父と一緒に行った。父は、ヨーロッパが大好きで、もう何十回も行っている。
写真は、モナコのカジノ前のツリー。今まで見た中で一番きれいでした。
楽しかった旅行ですが、実は大変でした。
日本から持っていったスーツケースは、一度も手元に届くことなく、さきほど日本の家に
送られてきました。
パリが雪の影響で、ニース行きのフライトがキャンセルになり、空港の簡易ベッドで一夜を
過ごし、次の日に予約した飛行機もキャンセルになり、今度はパリのビジネスホテルに泊まり、
次の日、TGVでパリからニースまで行きました。パリの空港では4万個のスーツケースが
倉庫に保管され、探し出すことも無理と言われ、パリのカルフールなどで下着や洋服を
買いました。モナコは3泊する予定が、1泊しかできず残念。
でも、モナコのフリーの1日がなくなっただけで、すべての観光ができました。
遅延で10万円まで買い物したものにお金が出るそうなので、これから保険会社との
やりとりが始まります。
娘にはよい勉強になったと思います。
せっかく、モナコのホテルで娘の枕もとにくつ下に入れたプレゼントを置く予定だったのに、
今日の夜にでも置く予定です。あわてんぼうのサンタクロースでなく、わすれんぼうのサンタクロースです。
でも、死ぬ前に一度は行きたかったモナコに行けて幸せです。
いつか夏のモナコにも行けるといいな。
今度は、イタリアのローマ、バチカン、ベニス、フィレンツェに行きたいです。
その次はイギリス。ニュージーランド、オーストラリア、タヒチにも行きたい。
旅行は、人生の醍醐味。旅行の楽しみがあるから頑張ろうと思える。
[PR]
by karamasuu | 2011-01-01 21:58 | 嬉しかったこと