「ほっ」と。キャンペーン
<   2008年 12月 ( 26 )   > この月の画像一覧
同窓会
高校時代の仲間とは仲がよく、年に数回集まる。
昨日は、忘年会だった。
おじさん、おばさんが集まり、昔にもどった。
いつまでも大切にしたい友達だ。
久しぶりに楽しい時間を過ごした。
日が替わる前に帰れたが、娘が寝ないで待ってた。
洗濯をして、食器も洗ってくれてた。
おりこうさんな娘です。
[PR]
by karamasuu | 2008-12-29 05:41 | 嬉しかったこと
5キロ完走
娘と皇居を1周した。
歩かず完走できた。
娘は私よりずっと速い。
お正月も時間があったら走りたい。
[PR]
by karamasuu | 2008-12-27 18:31 | 嬉しかったこと
親鸞聖人
「なぜ生きる」の本の中で、「なぜ生きる」「人生の目的は何か」
親鸞聖人の簡潔で明快な答えが書いてあった。
「生きる目的は、金でもなければ財でもない。名誉でもなければ地位でもない。人生苦悩の
 根源を断ち切られ、”よくぞ人間に生まれたものぞ”と生命の歓喜を得て、未来永遠の幸福
 に生きること」

健康に生きられることを喜び、小さなことにも喜びを感じ、自分で自分を幸せだと思って生きて
いけばいいのだと思う。
[PR]
by karamasuu | 2008-12-27 08:03 | 嬉しかったこと
なぜ生きる
「なぜ生きる」明橋大二、伊藤健太郎著を読んだ。
ヤシの木の下で昼寝をしている現地人にアメリカ人が言った。
「怠けていずに、働いて金を儲けたらどうだ」
「金を儲けて、どうするのだ」
「銀行にあずけておけば、大きな金になる」
「大きな金ができたら、どうする」
「りっぱな家を建て、もっと金ができれば、暖かい所に別荘でも持つか」
「別荘を持って、どうするのだ」
「別荘の庭のヤシの下で、昼寝をしているさ」
「オレはもう前から、ヤシの下で昼寝をしているさ」
幸せって、こんなもんだと思う。
みんな、無理してストレスためて、変な幸せを追い求め過ぎているような気がする。

この本の中でも、多くの偉人たちが、「人生は辛い」とか「生きる意味なんてない」
など言ったと書いてある。

なぜ生きるなど考えず、生きていられる今をただ思いっきり楽しんで生きたい。
[PR]
by karamasuu | 2008-12-26 22:42 | 嬉しかったこと
築地でカニとふぐ
私と娘は、カニが好きで、夫と息子はふぐが好き。
今日は、築地で買物をしてきた。
たらばの肩と1ぱいとふぐを買った。
お正月に食べようと思う。
カニもふぐも外で食べると高いけれど、築地で買えば
ずっと安いとわかり、毎年買いたいと思う。
ふぐ屋さんの場所もわかったからよかった。
たれも買えた。
[PR]
by karamasuu | 2008-12-26 14:31 | 嬉しかったこと
娘サンタさんからのプレゼント
私と夫の枕元に娘サンタさんからのプレゼントが置いてあった。
明け方、娘が置いたようだ。
「手もみ券」「足もみ券」「優しくする券」が3枚ずつ入っていた。
欲しいものはないけれど、何よりも嬉しいプレゼントだ。
疲れたとき、娘がわがままなときに使ってみよう。
[PR]
by karamasuu | 2008-12-25 13:00 | 嬉しかったこと
医療費無料化
ニュースで東京の日の出町で、老人の医療費無料化が始まるそうだ。
3年以上住めばいいそうだ。将来、引っ越そうかな。
駅はどこになるのだろう。
保険外の治療費はどうなるのだろう。l
老人福祉施設も多いそうだ。
[PR]
by karamasuu | 2008-12-24 17:06 | 嬉しかったこと
わらうもんにはふくきたる
娘が、去年来た年賀状を見ながら言った。
「笑うもんには福きたる」
「笑う者には福来る」と書いてあるのかと思ったら、
「笑う門には福来る」でした。
まあ、どっちにしろ、笑っていればいいことあるかな。
[PR]
by karamasuu | 2008-12-20 08:51 | 嬉しかったこと
ルミンA
知り合いから「ルミンA」という薬が、自然治癒力を上げていいと聞き、
さっそくアマゾンで買う。
1ケ月で2500円くらい。
この年になると、体のことをいろいろ考え、大事にしてあげないといけないと
本当に思う。
まだまだ生きて、子供たちの成長やこの世の動きを見たいから。
[PR]
by karamasuu | 2008-12-19 09:12 | 嬉しかったこと
クリスマスパーティー
f0028946_224291.jpg


夫が所属するある会のクリスマスパーティーが某ホテルで行われた。
毎年、子供たちも楽しみにしている。
おいしい料理をいただき、ビンゴで景品をもらうのが楽しみなのだ。
今年は、私から夫に感謝の言葉を述べ、お花を渡す役をした。
みんなの前で話すのが恥ずかしくて、あまりいいことを言えなかった。
豪華なお花をいただき、嬉しかった。
とても楽しい夜でした。
[PR]
by karamasuu | 2008-12-18 22:04 | 嬉しかったこと