<   2006年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧
娘とケーキ作り
午前中、息子の中学の文化祭へ娘と行ってきた。
3月には卒業する息子たち。
知っている子達、そして自分の子の成長が嬉しく、
そして、もうすぐくる別れを思うとせつなくて、涙が出た。

息子にとって、仲間はずれにされたり、嫌なこともあったけれど、
それを乗り越え、今は多くの素晴しい友達、彼女に恵まれ、
とても充実した中学生活を送れたことを嬉しく思う。

それが終わると、12年来のママ友達と下の子達を連れて
ランチした。お天気がよく、外のテーブルで食べた。気持ちよかった。

午後は、娘と家でケーキを作った。
以前、二人でチョコレートチップクッキーを作ったが、ケーキ作りは
初めて。
娘曰く「私の子供が生まれたら、1歳の誕生日にケーキを作ってあげるから
教えてね」

スポンジのふくらみがいまいちだったけれど、今、娘は一人で生クリームとフルーツで
デコレーションしている。
きっと一生の思い出になることでしょう。

あとで、家族で食べるのが楽しみ。
[PR]
by karamasuu | 2006-10-28 16:05 | 料理
人間ドッグ
人間ドッグへ行ってきた。
以前、胃がんになった私は、健康あってこそ幸せになれると思い、健康診断を欠かさない。
が、胃の内視鏡検査が大嫌い。

夫の友達が開業しているクリニックは、全身麻酔で胃と腸の検査をしてくれる。
眠っている間に終わるので、とても楽だ。
9時にクリニックに行くと、まず1.8リットルのスポーツ飲料のようなものを30分から1時間かけて飲み、便を出す。そして、心電図、肺のレントゲンなどをとる。

そして、麻酔を注射で入れる。
ふーっと麻酔が効く瞬間と、ぼーっと覚める瞬間が気持ちよくて好きだ。

健康とわかるだけで、また楽しもうと思える。
病は気からだから、「もしかして病気?」と思っていると、毎日がつまらなくなってくる。

食べ物に気をつけ、運動して、いつまでも心も体も健康でありたい。

まずは、生きているだけで幸せと思えれば、どんなことにも耐えられる。
生きてさえいられれば、どんな悩みもつまらない悩みと思えるものだ。
[PR]
by karamasuu | 2006-10-27 16:20 |
習い事やめたい症候群
子供の自主性を大切にしたいと思っているが、子供の言いなりになっていたら、
子供は安易な方に進み、なかなか向上しないとも思う。
私は、習い事や塾を始めるときに、必ず子供の「やる」という言葉を聞いてから始める。
一度「やる」と自分で言ったことを、簡単にやめてほしくないと思う。

子供の頃、習い事が大嫌いで、親から無理やり練習させられることを
嫌がっていた人も、大人になると、親に感謝することが多い。

我が家の子供たちも「習い事や塾をやめたい症候群」になることがある。

息子は、塾に行かなければ、全く勉強しない。
塾をやめさせるわけにはいかない。
本人も塾の力をわかってはいるものの、面倒くさくなることもあり、
ずる休みしたがることもある。

娘も、ピアノや他の習い事をやめたがることがある。
その都度、「せっかく上手なのにもったいない」とかなんとか励まし、続けさせている。
家にいたり、何もしないより、少しでも自分の自信につながることをしてほしいと思う。

何かの本に書いてあったが、神戸であった事件の犯人の少年は、習い事をしていなくて、
親や先生以外の大人と接することがなかったので、心のコントロールができなかったのではないかとあった。

少年野球、部活、習い事の先生たちは、親や学校の先生とはまた異なることを
子供に教えてくれるものだ。チームプレイなら、友達の大切さ、友達との付き合い方など。

習い事を通じて、そういう先生の考え方を学んだり、そこで知り合う友達から学んでほしいとも
思う。学校以外にも自分の居場所はあると知ることも大切だ。

あまりにも子供に向かない場合は、やめさせるが、どう考えても子供のためになると
思えることは、子供の「やめたい症候群」に親が立ち向かい、続けることの大切さや
向上することの喜びを知ってほしい。

しかし、この「やめたい症候群」と立ち向かう親は、疲れて、大変だ。
いっそ、習い事をやめてくれたほうが、お金もかからず、親子バトルがなくなり、
平和になるのかもしれないと思うこともあるが、親の意地と子供が向上するためには
やめさせたくない。
親の悩みは尽きない。
[PR]
by karamasuu | 2006-10-25 14:35 | 出来事
子供たち
娘は、今日、遠足に行った。
何日も前から楽しみにしていたが、生憎の雨と風で、場所は変更になったことでしょう。
私も子供の頃、遠足がとっても楽しみだった。
たいした悩みもなく、毎日をとことん楽しむのが子供だと思うし、そうあるべきだと思う。
子供がいると、子供の頃の気持ちを思い出したり、季節や行事をまた楽しめるから嬉しい。
おみやげ話を聞くのも楽しみ。

息子が昨日、ガーリックブレッドを食べながらこう言った。
「This is the bread which I like」
おー、そんなことも習ったのか。
「which のかわりにthatでもいいんだよね」
私が言った。

子供の成長とともに、会話の内容も変わってきて、本当に子育てって面白い。

子供たちとお酒を飲める日も楽しみ。
[PR]
by karamasuu | 2006-10-24 14:26 | 出来事
落合信子さん
落合監督の奥様、落合信子さんがテレビで家庭について語っていた。

「男性は、暗い家に帰ってくるのが嫌で結婚するので、女性は家庭を守り、おいしい料理を
 作って待っていることが大切。あなたのおかげでこうして幸せに暮らしていけると
 いう態度でいれば、どんどん出世してくれる」

なるほど。
信子夫人は、夫の操縦がとっても上手。
夫がたくさんお金を稼いでくれるにこしたことはない。
妻が働いてもたかが知れている。かえって疲れて、ストレスがたまるだけということもある。
賢い妻は、どーんと構えて夫にたくさん稼がせるのかもしれない。
女性が働くことにより、夫や子供に負担がかかり、家庭が崩壊することもある。

私にとって、一番大切なのは、家族。
家族以外の生きがいも大切だけど、家族に迷惑がかからないようにしないと
本末転倒になってしまう。

今の幸せを大切にしよう。
[PR]
by karamasuu | 2006-10-23 13:41 | 出来事
稲川素子さん
テレビで女社長を紹介していた。
稲川素子さん72歳は、外人タレント事務所の社長さん。
50歳まで普通の主婦で、外国人を芸能界に紹介したことをきっかけに
仕事を始めたらしい。
65歳で慶応大学に入学し、今は東京大学に通っているそうだ。
すごい。

国際的な仕事でいいな。
人生本当に何があるかわからない。

私も一度きりの人生楽しいものにしよう。
[PR]
by karamasuu | 2006-10-10 14:35 | 出来事
おうちでカプチーノ
新しいコーヒーメーカーを買った。
エスプレッソやカプチーノが家で飲めるようになった。
あわあわのミルクで飲むと、まろやかでおいしい。
冬の幸せができた。

夫が欲しがって買ったのだが、こどもたちもおいしいと大好評。
息子は試験前で夜遅くまで勉強すると言って、夜に2杯も飲んでいた。

明日の朝に飲めるので、朝が楽しみ。
[PR]
by karamasuu | 2006-10-09 21:06 | 出来事
男たちの大和
映画「男たちの大和」を観た。
沖縄に向かう途中、アメリカに打ち落とされた戦艦大和の話。
3千人の若者が死んでいった。

戦争はあってはならない。

子供たちを戦争では死なせたくない。
[PR]
by karamasuu | 2006-10-02 17:33 | 映画
結婚式
夫のいとこの息子の結婚式に新宿のホテルまで行ってきた。
披露宴会場は27階で、眺めがよかった。

3歳の頃から知っている男の子が結婚するとあり、もう親の心境で、涙、涙でした。

うちの子たちも、いつかこうして素敵な結婚式を挙げるのだろうか。
とても楽しみ。

親戚の集まりというと、ここのところ、お葬式や法事ばかりだったが、
こういう幸せな集まりだとハッピーになれる。

いつまでもお幸せに。
[PR]
by karamasuu | 2006-10-01 18:14 | 出来事