「ほっ」と。キャンペーン
<   2006年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧
のりがいい会社
今日、ボーリング場の前を通ったら、会社員の集まりが15人くらい
ボーリングを終えて出てきた。
昼間の1時半頃。

幹事らしき40歳代の男性が言った。
「ここで仕事に戻る人、帰る人がいるので、最後にみんなでお別れのご挨拶をしましょう。
 大きな声で。みなさんさようなら。」
「さようなら」
15人くらいのみんなが大きな声で挨拶していた。

おかしくて、娘と笑ってしまった。
普通は「お疲れ様でした」だろうに、まるで小学生のようでとてもかわいかった。
こののりの良さで、会社のまとまりがとっても良さそう。
いいな。
とても幸せな気分になれた。
[PR]
by karamasuu | 2006-09-30 19:48 | 出来事
娘が発熱
昨日の夕方から娘は熱が出て、夜には8度5分までいった。
今日は、学校で大事な競技会があり、リレーのアンカーだったので、
責任を感じ娘は、昨日の夜は熱があっても学校に行くと言っていた。

今朝になると熱は7度3分まで下がり、3,4時間目の競技会だけ
学校に行くことにした。
しかし、根性で、上位に入れて、表彰状を2枚いただけた。
行ったかいがあった。
リレーは学年で2位で、トロフィーまであと少しだったが、
娘が学校に行くと、みんなが「待ってました」「良かった」とチームの子達が
喜んでくれた。

今はおなかが痛いと言っている。
これから病院へ行こう。
[PR]
by karamasuu | 2006-09-28 14:38 |
期間限定
ハーゲンダッツのアイスクリームで、期間限定のバナナキャラメルタルトを食べた。
私は、期間限定物に弱い。
今、食べなければ、一生食べられないかもしれないと思ってしまうからだ。

でも、ダイエット中だから、一口味見して、冷凍庫にしまっておいた。

豆乳バナナジュースを飲み始めてから、食欲をコントロールできるようになった。

秋、冬を乗り切れたら、この体重をキープできるでしょう。
[PR]
by karamasuu | 2006-09-27 17:58 | 出来事
ビューティーコロシアム
女性が美しく変身するテレビ番組「ビューティーコロシアム」を見た。
努力を怠ると女性は汚くなる。

その番組の中で、石田純一が良いことを言っていた。
「人間には2種類の人がいる。できない理由を探す人と、できる方法を考える人がいる。」

私もここのところ、できない理由を探していたような気がする。
気をつけよう。
[PR]
by karamasuu | 2006-09-26 20:34 | テレビ番組
良いお天気
昨日はとても風が強かったけれど、今日はとても気持ちよい1日でした。
娘の学校の校庭開放当番へ行き、娘と一緒にバドミントンをしました。
娘は随分うまくなっていました。
2時間で1500円いただきました。

家に帰り、夫と娘とお昼を食べ、午後は本を読んでいるうちに寝ていました。
気持ちよかった。
[PR]
by karamasuu | 2006-09-24 16:41 | 出来事
10代の子のために親ができる大切なこと
「10代の子のために、親ができる大切なこと」という本を読んだ。
とても参考になった。
思春期の子供の扱い方が載っていた。
「自分が子育てにふさわしい人間であり、自分の努力はけっして無駄ではないという信念」
が大切らしい。
子供は親の言うことを聞くわけがなく、母親を疎ましく思い、反抗するのが当たり前で、
親としての自信を失うことも多いが、子供に疎ましく思われても、子供のための
忠告やアドバイスを言うことは必要で、子供はいつか言われたことを理解するらしい。

これからも、反抗されてもあまり悲しまず、親としての努力を怠らず、
子供たちが自立できるように頑張りたい。

怒ってばかりいるのではなく、楽しい会話もたくさんしてあげよう。

本は、悩んでいる心に光を与えてくれる。
[PR]
by karamasuu | 2006-09-23 21:28 |
偏差値75
子供の偏差値が75だった。
息子ではない。
息子の偏差値がこれだけあったら、どこの高校にも入れるのに。

これは娘の偏差値。しかも勉強ではなく、スポーツ。
ソフトボール投げと立ち幅飛びが偏差値75だった。
ソフトボール投げは、平均の2倍以上の距離を投げている。
ソフトボールの外野でもやったらいいのだろうな。

まあ、多少、頭は悪くても、子供たちは五体満足で、健康だから
よしとしなくてはいけないのだろうな。
[PR]
by karamasuu | 2006-09-22 15:33 | 出来事
勇気ある娘
近所に大型の薬屋さんができる。
さっきお店の前を通ったら、すっかり商品も陳列され、あとはオープンを待つのみといった
かんじだった。
いつオープンかとても知りたかったが、皆さんお忙しそうに働いていたので聞けなかった。

ところが、娘が学校から帰ってくるときに、そのお店の前を通り、
しっかりその質問をしてきてくれた。
「あなた勇気あるね。よく聞いてきてくれた。ありがとう」と誉めておいた。

明日オープンだそうだ。
いろいろ安くなるようなので、明日のぞいてみよう。
[PR]
by karamasuu | 2006-09-21 16:08 | 家族
自分でアイロン
娘には、自分の上履きをなるべく自分で洗わせるようにしている。

そして今日から自分のブラウスには自分でアイロンをかけることにした。

アイロン好きの娘は喜んでいる。

「自分のことは 自分でする」これが、子育ての基本だと思う。
 これができれば、一人で生きていけるだろう。

私が幼い頃、兄には手伝いをさせない母をずるいと思ったものだが、
いざ自分が母になると、男の子にはついつい手伝いをさせていない自分がいた。

日本の封建的な考えが根底にあるのだろう。
息子にもお皿洗い、洗濯、料理などさせないとだめだな。
[PR]
by karamasuu | 2006-09-20 20:07 | 出来事
夢をもつには
高校受験を控えた息子が、目先の楽しさに負け、
ついつい遊んでばかりいる。
塾やその宿題以外、自分から勉強しようとはしない。
将来、どうなりたいとか、夢とかまだもてないかな。
どうやったら、孫さんのように若い頃から夢をもって頑張る人になれるのだろう。

母は悩んでしまう。
親は、経験して知っていることを、子供に失敗させないために
いろいろ言ってあげるが、子供は経験し、失敗しなければ
わからないのだろう。

結局、見守るしかないのかな。
見守ることは大変です。
[PR]
by karamasuu | 2006-09-19 15:47 | 出来事