<   2006年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧
花田少年史
娘と「花田少年史」の映画を観に行った。
子供向けのおばけ映画だとばかり思って行ったら、泣ける泣ける。

ストーリーも奥が深く、親子愛など愛の物語だった。
タイトルで損をしていると思った。
もっといいタイトルをつければいいのに。

いつもはアニメの映画ばかり観に行っていたが、たまにはこういう日本映画もいいものだ。

「佐賀のがばいばあちゃん」も面白そう。
泣けそう。
貧しくても、楽しく生きていこうという内容がいい。

「東京フレンズ」も観たい。

映画って本当にいいな。
[PR]
by karamasuu | 2006-08-31 15:45 | 映画
マーサ・スチュワートの栄光と影 成功への代償
「マーサ・スチュワートの栄光と影 成功への代償」を観た。
カリスマ主婦のマーサは、母親がそうであったような普通の主婦に満足できず、
クッキーを売ったり、ケータリングの仕事を始める。
少しずつ世間に認められ、仕事に熱中するあまり、夫から去られてしまう。

家族と仕事。
主婦でありながら、仕事をし、家族も大切にするためには、仕事をセーブする
必要がある。
家族より仕事を選ぶ人もいれば、仕事より家族を選ぶ人もいる。
どちらがいいとは言えないが、私は、やっぱり家族が一番大切。

両方をバランスよくこなし、両方で充実している女性は一番素敵だと思う。

インサイダー取引で逮捕されたマーサだが、相変わらず人気がある。
私もケーブルテレビでよくマーサの番組を観る。
今の地位を築くために、並々ならぬ努力があった。
努力しなければ成功はありえない。
何に努力すればいいかわからなければ、努力のしようもない。
[PR]
by karamasuu | 2006-08-30 13:35 | 映画
3万円
150cmくらいで中学に入学した息子もすでに170cmを越し、学ランが小さくなったので、
冬服の上下を買いにいった。3万円なり。

日曜日に息子のボロ自転車が盗まれ、昨日買ってあげた。
昨日の夜、塾が終わった後、息子が友だちと連なって自転車にのっていて、
友だちがふざけて自転車にぶつかってきて、タイヤが曲がった。
今日、自転車屋さんにもっていくと、修理しても直るかわからないし、
買うのと同じ金額がかかると言われ、
しかたないので、同じ自転車を買った。
悪いと感じた息子は4000円ほど自分のお金を出した。

子供がいるとお金がかかる。
まあ、苦労も多いけど、幸せや喜びもたくさんもらえるから
いいんだけど。
[PR]
by karamasuu | 2006-08-29 15:10 | 出来事
瀬戸内寂聴
84歳の瀬戸内寂聴さんがテレビに出ていた。
51歳で出家したそうだ。
寂聴とは、寂しさを聴くと書く。人の寂しさを聴いてあげるのだろうか。

自殺者が3万人を越し、そのうちの5000人が女性で残りは男性らしい。
50歳代の男性の自殺が多い。

辛いことがあっても、どん底までいけば、あとはボールが地面からはねあがるように
運も上がっていくらしい。
確かに怖いものなしになるだろう。
[PR]
by karamasuu | 2006-08-28 16:23 | テレビ番組
24時間テレビ
24時間テレビが好きで、暇があると昨日から見ていた。
昨日の亀梨君のドラマで泣き、今日もいろいろな実際にあった話に泣いた。

頑張っている人を見ると泣ける。
どんな状況になっても頑張っている人を見ると、力をもらえる。

たまたま銀座に行ったので、日産のところで募金もした。
紙の貯金箱とストラップのようなものをもらった。
[PR]
by karamasuu | 2006-08-27 22:41 | テレビ番組
マジシャンのいるイタリアンレストラン
夫の仕事の関係で、銀座にあるイタリアンレストランで家族会を行った。
そこでは、マジックショーを見られた。
セロのように、びっくりするようなマジックを楽しんだ。

もうすぐセロのステージも観に行く。
楽しみ。
[PR]
by karamasuu | 2006-08-26 22:18 | 出来事
ミネラル豆乳ダイエット
漫画家の赤星たみこさんが書いた「ミネラル豆乳ダイエット」を読んだ。
ミネラルをきちんと摂ると、食欲をセーブできると書いてあり、その通りと思った。

毎朝、豆乳200ccに野菜をミキサーにかけ、飲むだけで痩せたそうだ。
野菜ジュースを混ぜてもいいらしい。

私は、毎日豆乳バナナジュースを飲んでいるが、本当に食欲をセーブできるようになった。
ずっと続ければ、もっと痩せると思う。
今度、野菜ジュースを豆乳に混ぜてみようと思う。

これから更年期になるので、それにも良いだろう。

いつも冬に太るから、今年の冬は気をつけよう。
[PR]
by karamasuu | 2006-08-25 14:50 | ダイエット
タオルハンカチ
早稲田実業の斉藤投手は、ハンカチ王子と呼ばれ、ブルーのタオルハンカチで汗をふく。
息子が、そのタオルハンカチと同じものがうちにあると言った。
夫の父が亡くなったときに、御会葬のお礼に配ったものだ。
確かによく似ているか、同じものだと思われる。

息子に、斉藤君のようにあなたも持ち歩いて汗をふいたらと冗談で言った。
三つ折りがポイントだからねとも言っておいた。

さっきテレビで言っていたが、そのタオルハンカチが、ネットで5000円になっているという。
そのタオルを作っているメーカーは、本当にラッキーだ。

斉藤君のような青年になってもらいたいものだ。
[PR]
by karamasuu | 2006-08-24 14:16 | 出来事
最後のナイチンゲール
昨夜、テレビで「最後のナイチンゲール」という戦争のお話を観た。
子供たちにも見せたくて、一緒に見ていたが、息子は見ながら寝ていた。
たくさんお昼寝した娘は、最後まで観た。

戦争は決してあってはならない。
「女性が世界を変えていかなければいけない」という長谷川京子演じる看護婦の言葉に
大きくうなずいた。
女性が世界を変に変えてしまうこともあるだろうが、
武器をもち、戦う男を止められるのは女性しかいない。
生命を生み出す機能をもつ女性だからこそ、命の大切さ、生きることの大切さを知っている。
痛い思いをして生んだ子を平和の中で育て、子孫が繁栄できる世の中でなくてはならない。

号泣しながら観た。
とても良いドラマだったが、死にそうな兵隊さんと、命をつくる行為をする場面は
どうかと思った。
看護婦さんなのに、無理やり行為に及び、兵隊さんの体力は消耗し、やっぱり死んでしまった。
まあ、あれでおなかの中に子供ができたら、子孫繁栄につながるのかもしれないが、
結局、はせきょんも殺されてしまった。

戦争の悲惨さ、無意味さを、戦争を知らない世代に伝えていかなければ、
不幸はまた繰り返すのでしょう。
子供に戦争を経験させたくない。
でも、馬鹿な国が攻めてくることもあり、いかに自国を守るかは難しい問題だ。

いつまでも平和であってほしい。
そして、その平和をありがたく思い、贅沢に慣れ過ぎず、いつも感謝しながら
楽しく幸せに生きていきたいものだ。
[PR]
by karamasuu | 2006-08-23 13:33 | テレビ番組
娘 お泊り
昨日、父が車で娘を迎えに来てくれて、娘は実家に1泊した。
今日は、実家まで迎えに行った。

両親と4人で、実家の近くでお昼を食べた。
サラダバーもパンもおいしかった。

これで夏休みの行事はなくなり、あとは娘と映画を観に行くくらい。
もうすぐ学校のプールも始まる。

新学期ももうすぐ始まる。
夏休みの間に、息子とゆっくり話す時間があったことはよかった。

受験勉強の意味、よい学校へ行く意味などを何気なく話したが、わかってくれただろうか。
そして、いろんな話もできた。

秋からいよいよ受験も間近になる。
悔いのない学校へ入ってもらいたい。
[PR]
by karamasuu | 2006-08-22 16:22 | 出来事