「ほっ」と。キャンペーン
<   2006年 04月 ( 42 )   > この月の画像一覧
今どきの男の子
息子は毎朝お風呂に入る。
部活で汗をかいたときは、夜も入る。

今日も、朝お風呂に入り、出かけて行った。
息子が通った後に良い香りがする。

K大生のイケメン家庭教師も良い香りがする。

いまどきの男の子たちは、昔とは違う。

これからの息子が楽しみだ。
[PR]
by karamasuu | 2006-04-30 12:13 | 出来事
幸せな1日
結婚記念日だったけれど、息子は夜、外食したくないと言っていた。
しかし、やはりせっかくの記念日だからということで、息子のごはんを家に用意し、
夫婦と娘で、銀座の串揚げ屋さんへ行った。
夜、外食するなんて本当に久しぶり。幸せでした。
ディタグレープフルーツとあんずサワーを飲み、すっかりよっばらった。

その後、三越でケーキを買おうと、地下に行った。
おいしいチョコとチーズケーキとパステルのプリンケーキなるものを買った。

エレベーターを上るとそこにはティファニーがあった。
夫が何か買ってくれると言う。私は遠慮したが、やはり買ってくれると言うので
シルバーのピアスとおそろいの指輪を買っていただいた。

とても幸せな結婚記念日でした。
この男性と結婚して良かったと思った。良い子供たちに恵まれ、
本当に幸せな19年だったと感謝でいっぱいになった。
来年は20年、楽しみです。

今日1日の思い出で、また平凡な日々を頑張れそうです。
まあ、平凡こそ幸せだと思う今日この頃です。
[PR]
by karamasuu | 2006-04-29 22:34 | 出来事
29センチ
息子の上履きを買った。
29センチ。
今の子は、本当に足が大きい。
靴屋さんで特注でなく、普通においてあるのもすごい。
身長は、170センチくらいだが、足だけ大きい。
180センチにはなってもらいたい。
ジャニーズのように、おしゃれでかっこよくなってもらいたい。
今でも息子の友達が家に来ると嬉しいが、高校生(入れたら)や大学生(運良く入れたら)
になって、かっこいいお友達がたくさん家に来てくれるのが楽しみ。
「もこみち」みたいな子が来てくれたらいいな。

ちなみに、夫は、娘の友達で美人な子が将来遊びに来てくれるのを楽しみにしている。
お金があったら、ボートでも買い、娘の友達を招待したいらしい。
水着姿のギャルがボートの上で「おじさま、ありがとうございます」なんて
言ってくれることを期待しているのだろうか。
[PR]
by karamasuu | 2006-04-29 14:37 | 家族
結婚記念日
19回目の結婚記念日。
夜は、家族でアメリカ料理のおいしい所へ食べに行こうと息子に言ったら
「面倒くさいからいや」と言われてしまった。
午前中は部活で、午後はどこかへ遊びに行った。受験生なのに。

結婚20周年の歌を作った。

「結婚記念日」

二人で一緒に選んだ ベールの長い純白のドレス
ウエディングベルを鳴らしたとき 一緒にいられる幸せ
たくさんの祝福受けて 変わらぬ愛を誓った日から
早いもので20回目の二人だけの記念日
若かった二人も白髪としわが増えて
たまにはけんかもしたけど
二人で寄り添ってきたね
赤ワインあけて乾杯しましょう
あの頃よく聞いたレコードかけて
もう一度あの頃を思い出して
二人の愛よ永遠に

初めての子供が生まれ 二人で感動した夜
ろうそく立てて いったい何回 ハッピーバースデーしたでしょ
子供たちのがんばりと 笑顔と寝顔元気をくれた
家族でつくった思い出いっぱい 辛いこと吹き消す
子供はみな それぞれ この家から巣立っていく
また夫婦二人だけの 暮らし始まるよろしくね
赤ワインあけてキャンドル灯して
たまにはアルバムでも開きましょう
子供からメールが届いている
おめでとう 20年 花束マーク

これまでの幸せをありがとう
こんなわがままな私と一緒に
これからもずっと二人仲良く
いついつまでも一緒にいてね
[PR]
by karamasuu | 2006-04-29 13:03 | 作詞
ムーヴィン・アウト
「王様のブランチ」でブロードウェイーミュージカルの紹介をしていた
あのビリージョエルの曲からなる「ムーヴィン・アウト」というものだ。
せりふがほとんどなく、ダンスと歌からなるらしい。
観たいなー。
ビリージョエルの曲は、メロディも詩も素晴らしい。
いつか絶対観ようっと。
[PR]
by karamasuu | 2006-04-29 10:57 |
変質者
子供たちは、東京都内の公立中学と小学校に通っている。
その区では、登録しておくと、変質者情報をメールで流してくれる。
さっき、中学と小学校からメールが届いた。
ある中学校の前に止めてあった車の中で、下半身をあらわにした男性がいたらしい。
2週間に1度くらい、こういう変質者情報が流れてくる。

いやな世の中になり、親は心配なことが多い。

学校の扉は、部外者が入れないようになり、ブザーを押し、開けてもらう。

これからまた、子供を巻き込む事件が増えるのだろう。
親も子も、子供が事件に巻き込まれないよう気をつけないといけない時代になった。
[PR]
by karamasuu | 2006-04-28 14:45 | 出来事
幸せ感じた
久しぶりにスポーツクラブへ行った。
3クラスとった。
エアロビクス、ボクササイズ、そしてバーベルを音楽にあわせて上下させるクラス。
そろそろ、真剣にダイエットに取り組まないと、おなかも腕もすごい。

行く前は気分も沈み、行くことが面倒くさかったが、スポーツクラブで身体を動かしていると
気分爽快、幸せを感じた。
そして、身体を動かしながら、いろんなことを考えて、またやりたいことが見えてきた。
また、楽しい毎日が過ごせそう。

お天気も良く、気持ちよく自転車で帰ってくると、コンタクトをした目が痛くて、
交差点で止まったときに、コンタクトをはずして、口の中でなめて、また目に入れようとした
そのとき、コンタクトが風に飛ばされ落ちた。

自転車を止め、コンタクトを探したが、恥ずかしかった。
信号待ちしている車の中の人や行きかう人が見ている中、探したが、なかなか見つからない。
家の中で、コンタクト探し係の娘もいないし、公園で探してくれたママ友達もいない。
思わず、友達に電話しようかとも思ったが、悪いからやめた。
もう、諦めて帰ろうと自転車に乗り、最後にふと下を見るとあった。
あー、よかった。
ゴールデンウイークにコンタクトなしではかっこ悪い。
[PR]
by karamasuu | 2006-04-28 14:32 | 出来事
怒り爆発
娘が2つ嘘をついた。
それもかわいいものではない。
久しぶりに怒り爆発。真剣に叱った。
二人で泣いた。
そして抱き合った。

嘘をつくと、どんどん嘘が重なること。
嘘をつかれると悲しいこと。
嘘はばれこと。

そして嘘をつかれても、やっぱり娘が大好きだと言った。

いやー、子育ては難しい。

平凡な主婦の生活に飽きたので、少し外で働こうかと思っていたが、
やはり、子供が家に帰ってきたときや夏休みはそばにいてあげたいので、
しばらくは、外で働くことは無理そう。
学童も3年生くらいまでだし、バリバリ働きながら子育てしている女性
の潔さと時間の使い方を尊敬してしまう。

そうこうしているうちに、年齢制限で働けなくなるかも。
こうなったら、数年後、自分で起業するしかないかな。
と、あまちゃん主婦は簡単に言うからたたかれる。
でも、主婦から起業して、成功する人もいるし、私の人生、どんなになっていくのだろう。

まあ、働かなくてもいい状態は、本当は幸せなことなんだけど、
人間ってぜいたくだから、どんな状況になっても不満を感じるものだ。

もう一度、今の平凡だけれど、幸せな暮らしを満喫しようっと。
そして、自分の人生をもう一度考えてみよう。
[PR]
by karamasuu | 2006-04-27 20:36 | 家族
リレーの選手
昨日の夕方、息子が帰ってくるなり嬉しそうに言った。
「リレーの選手になったよ」
「すごいじゃない。いつの間にそんなに足が速くなったんだろうね。」
私は驚いた。
息子は、小さな頃から球技など運動神経はいいのだが、どういうわけか走るのだけは
遅かった。
中学の部活で走ることが多くなり、いつの間にか速くなったのだろう。
嬉しくて、思わず夫にメールで報告した。

夫も喜び、私たち夫婦は、息子からやる気と元気をもらった。
運動会当日が楽しみだな。中学校の運動会の花は、やはりリレーだ。
とても盛り上がる。

私も、一発逆転ホームラン目指してガンバロウッと。
子育てって、大変なことの連続だけど、こういうちょっとしたことが本当に嬉しい。
親馬鹿万歳。
[PR]
by karamasuu | 2006-04-26 17:37 | 出来事
エンタの神様
土曜日の午後10時から日テレでやっている「エンタの神様」が大好きで、よく
息子と一緒に見ている。
二人で馬鹿笑いし、会話をかわし、親交を深めている。

今、私たち親子のブームは、「やっくん」というセーラー服を着た美人な男性。
お客様につっこむところが面白い。

ちょっと前は、アンガールズとアンジャッシュ、陣内が好きだった。

お笑い番組を見ると、幸せな気持ちになれる。
怒ってばかりいたり、ちょっと心が沈んでいても、幸せな気持ちになれる。

人に幸せを与えられるお笑い芸人や歌手は羨ましい職業だと思う。
食べていけない人も多いのだろうが。

若手芸人が、頑張ってテレビにたくさん出るようになると、こちらも嬉しくなり、
私も頑張ろうと思う。

ときどき、親父ギャグを言い、子供にあきれられる母でもある。
[PR]
by karamasuu | 2006-04-25 16:38 | テレビ番組