<   2006年 02月 ( 38 )   > この月の画像一覧
母から電話があり、近所で若い女性が夜、歩いていて変な男の人につけられて、
公衆トイレに逃げ、しばらくして出てきたらまだいて、それでもなんとか
逃げたらしいから、私の娘に気をつけるようにと言った。

そう言えば、昔、某テーマパークで、子供がひとりでトイレに行くと、
外人に誘拐され、その場で薬を打たれ、かつらをかぶせ抱きかかえて
トイレから連れ出し、臓器売買するという話があったが、本当だろうか。

近所では、大型スーパーのトイレで子供がレイプされたという話も聞く。

私の友達で、海外赴任している人は、買い物や学校の行きかえり、習い事に行くときも
子供から目が離せず、子供の送り迎えが大変と言っていた。
アメリカでは確か12歳未満の子供だけで家においておくと罰せられるらしい。

日本は、小学生になればひとりで出せるので親は楽でいい。
最近は物騒な事件も多いが、他国に比べれば安全なんだろうな。
このまま治安のよい国であってもらいたい。
[PR]
by karamasuu | 2006-02-28 19:14 | 出来事
矢沢永吉
昨夜、NHKで矢沢永吉の特集を見た。
「いい生き方だな。うらやましい。」と思った。

人生に疲れたおやじたちから、あれだけ慕われたら幸せだろうな。
生きることに疲れたり、成功を目指したときに、永ちゃんを思い、頑張ってきた人は
多いそうだ。

さっそく、永ちゃんが書いた「成り上がり」という本を図書館で予約した。
息子にも読ませたいかも。

人にだまされ、35億円の借金をかかえたこともあったそうだが、返したらしい。
す、すごい。
芸能人って儲かるんだな。

これからも良い歌を歌い、多くの人を感動させてほしい。
[PR]
by karamasuu | 2006-02-27 13:20 | テレビ番組
あいうえお 安藤和津の主婦と生活
「あいうえお 安藤和津の主婦と生活」という本を読んだ。
安藤さんの友人である柴門ふみさんがいいことを言っていたと書いてあった。
「隣の奥さんをうらやんだりすると馬鹿げた競争心もでてくるが、ちょっと利口な主婦は
 そういう心を抑え、心地良い幸福にひたる方を選ぶ」

さらに本の中にいいことが書いてあった。
「独身時代は、ブランド品を競い、ボーイフレンドの数を競い、貢ぎ物を競い、
 結婚式を競い、主婦となっては生活水準を競い、究極は子供。
 子供の体重、ねがえりの時期など競争は続く」

 柴門さんは、他の本にもいいことを書いていた。
「一番理想的だと思える結婚相手は学校時代の男友達」
 学歴、会社、年収など関係なく、お互いの感性だけで付き合っていける男性だからだそうだ。

 なるほどと思えることに1日に1回でもであえる嬉しくなる。
[PR]
by karamasuu | 2006-02-26 18:06 |
任天堂DS
私は子どもがテレビゲームをするのが好きではない。
子どもは、友達と外で遊んだり、トランプやボードゲームをしたり、
何もないところでも遊びを考えて遊んで欲しいと思っている。

しかし、娘は、お友達が持っている任天堂DSを見て、ほしがった。
私は子どものおもちゃに1万円を越すお金を払うことは考えられないと
却下したが、子どもに甘い夫は条件付きで買ってあげた。

娘が習っている習い事を続けるという条件

1.空手は黒帯(今はまだ一番初めの白帯)まで続ける
2.ピアノは「エリーゼのために」が弾けるまで続ける
3.バレエはトウシューズをはくようになった後、発表会に出るまで続ける

今、任天堂DSが品薄らしい。
それは、大人が「英語漬け」や「脳を鍛えるゲーム」などをするために
買っているからだそうだ。

そして、これらを夫が欲しがり、買った。
脳を鍛えるゲームは、かえって脳が疲れるので私は好きではない。
英語漬けはおもしろいが、簡単すぎる。これは、中学生の息子の英語の勉強には
いいと思うし、本人も面白いと言っている。

私は、テレビゲームは、やはり時間の無駄としか思えない。
[PR]
by karamasuu | 2006-02-26 15:08 | 出来事
ゆっくり読書
雨降りの日曜日
息子は明日から期末試験
家でゆっくり読書と映画の1日にしよう
娘も本を読んでいる

「仕事を楽しめれば人生は楽しい」中山庸子著(原書房)を読んだ。
その中に良いことが書いてあった。
「自分の言動をコントロールする力をデコーディング能力という。
 この能力の高い人は、相手の期待することを察知して、それに適合した行動をとれる。
 一般に女性のほうが男性よりデコーディング能力が高いといわれる。」
 (樺旦純著 「人間関係に「短所」を活かす発想法」(成美文庫)より抜粋)

さらに「ひとりお茶がさまになる女性」は素敵と書いてあった。
洒落たオープンカフェなどでひとりお茶がさまになる女性は素敵だ。
「まずは、いつも誰かがいなくちゃ淋しい、という依存体質の改善。
 そして、清潔感のあるおしゃれ。
 加えて、生き方も椅子の座り方も背筋を伸ばす」
 なるほど。

人間は、子どもがいても連れ合いがいても、結局は誰でも孤独な生き物だと思う。
誰にも依存することなく、自分をしっかりもち、自分の夢ややりたいことが
ある人は素敵だ。
それが外面にも出るから、ひとりお茶がさまになるのだと私は思う。
[PR]
by karamasuu | 2006-02-26 11:13 |
お金持ちっているんだなー
昨夜、息子が通う中学校の部活の懇親会があった。
夜、近所にある、ちょっとしゃれた居酒屋さんで先生、コーチ、おかあさん、おとうさんが集まり、
飲みながら、子どもたちの様子を語るという会だ。

子どもが中学生になると、おかあさんたちが集まる機会が少なく、
子どもたちの様子がよくわからないので、とても
参考になった。

先生、コーチがとても良い方たちで、良いチームメイトにも恵まれ、
都大会に行く強いチームで、息子は本当に良い部活に入ったと思う。

小学校時代ずっと続けていた野球にスランプを感じた本人が、
小学校高学年から始めたバスケットボールを部活に選んだ。
最初はレギュラーにもなれず、あまり面白みを感じていないようだったが、
今はしっかりレギュラーになり、とても重要な役割を果たしている。
本人もとても自信がつき、試合を見ると、かっこよくて惚れ惚れする。親バカ、万歳。

その飲み会に、一学年下の子どもをもつおかあさんがいらしていた。
初めて見た方だが、細くて、背が高くて、美しく、モデルのようだった。
そして、17歳のお嬢さんもいて、彼女は、中学を卒業して、自分で決断して
イギリスの全寮制の高校へ行っているという話を聞いた。
息子を留学させたいと思っている私は、いろいろ話をうかがい、仰天した。
なんと、年間600万円もかかるそうだ。
世の中、お金持ちっているのですね。
年収300万円の時代に、一人の子供に600万円とは驚いた。
でも、そのお嬢さんは、とてもイギリスの生活を楽しみ、積極的になり、とても成長した
そうだ。
そして大きな夢をいだきながら、その夢の実現のために日本に帰ってくるらしい。

素敵な奥様を前に、詮索好きなおばさん主婦のように、あれこれ聞きたいことがあったが、
初対面の方なので、聞くことはできなかった。
一体、ご主人は何のお仕事をして、彼女もお仕事をされているのでしょうか。

近所にああいう素敵な方を見ると、自分も素敵に生きようと思える。
人の噂、悪口がなく、子どもの成長を喜び、とてもほのぼのとした良い会合だった。
[PR]
by karamasuu | 2006-02-25 10:07 | 出来事
がんになってよかった
明石家さんまさんは「生きてるだけでまるもうけ」という言葉が好きらしい。
私も好きだ。
生きているだけでありがたいと思えるし、いつまで生きていられるかわからないからこそ
楽しいことをたくさんしたいと思う。

そう思えるようになったのは、10年ほど前、胃がんになったからだと思う。
幸い、私のがんは、ごく初期で、胃の三分の二を切除するだけで済んだ。

まだ幼稚園に通っていた息子の成長をもっと見たいと思った。
私が死んでしまったら、この子はどうなってしまうのだろうかと思った。

その後、待望の女の子も産まれた。
あの頃は、こんな今の幸せがあるとはとても思えず、毎日泣いていた。

家族が健康であるだけで、ありがたいと思う。
健康ならなんでもできる。

今、病気になり、暗い気分の人も世の中にはたくさんいると思うが、
病気になったことで、生きる意味が見えてくることもある。
「病は気から」のように「元気も気から」だと思う。

一生懸命生きていれば、きっとまた笑える日が来るはずだから、
病気の人も未来を信じて、生きていることを楽しんでほしいと思う。

健康な人は、健康のありがたみがわからず、生きることに疲れて
自殺してしまう人もいるが、生きているだけで楽しいことはたくさんあるのだから
命を無駄にしてほしくない。
生きたくても生きられない人もたくさんいるのだから。

日本は、世界で2番目に自殺者が多いそうだ。
贅沢したり、他人と比較しなければ、心が疲れることもなくなる。

「生きているだけでありがたい」
そんな当たり前のことを忘れないで生きていきたい。
[PR]
by karamasuu | 2006-02-24 16:11 |
ためいき
午前中、アクアビクスをした後、家でお昼ごはん食べた。
白米軽く一膳、納豆1パック、もずく、キムチ、のり、梅干という健康的なものだった。

ところが、その後、買い忘れたものがあり、近所のコンビニに行った。

そして、見てはいけない場所を見てしまった。
それは、アイスクリーム売り場。
それも、子どもが買ってはいけない高級アイスのコーナー。

250円くらいするアイスで、「期間限定」というものに
目を奪われた。
私はこういう限定物に弱い。
「今、買わなければもう買えないかもしれない」と思うのだ。
そして、「チーズケーキ」と「アップルパイ」の2種類を買った。
両方ともアイスクリームだ。

そして、レジでさらにマネケンの「ベルギーチョコレートワッフル」なるものを
見てしまい、また買ってしまった。

「はー、意思が弱い」と思いながら家に帰り、
なんと全部食べてしまった。

あー、本当に情けない。
もうすぐ春になり、薄着になっていくというのに・・・

子どもにはいつも「もうすぐごはんだからもう食べないで」と言っておいて
私はもうおなかいっぱいだから、、夜ごはん欲しくもない。
当然、作るのも面倒くさい。
でも、そういうわけにもいかない。

そして、また食べてしまうのだろうな。
「ハー」
[PR]
by karamasuu | 2006-02-23 15:56 |
イナバウアー
テレビでフィギュアスケートの荒川静香選手のイナバウアーを見て、
私にもできるような気がして、家で一人でやってみた。
体を後ろにそらせるが、かたっ。

やっぱりイナバウアーはすごいんだ。
 
イナバウアーだけでなく、どんな競技でもオリンピックに出る人はやっぱりすごい。
そこでメダルをとるということは至難の業だ。

フィギュアで1個くらいとれるといいな。
日本国民が元気になれるから。
[PR]
by karamasuu | 2006-02-23 14:00 |
主婦の労働時間
さっき、テレビで総務省(?確か)発表の主婦の一日の平均労働時間が7時間と聞いて
驚いた。
掃除、洗濯、買い物、食事作りにかかる時間だ。

私は、何時間だろうと考えると、朝1時間と夕方2時間っていうところかな。
計3時間。

主婦業は、時間の無駄と思っている部分が多いので、その3時間をさらに
短くする方法を考える毎日だ。
3時間でも、「家はきれいで、食事はおいしく」を目指している。

主婦業なんて、時間をかけていたら一日それだけで終わってしまう。

働く主婦は、時間の使い方がうまく、尊敬してしまう。

私もまだまだ時間の使い方が下手だ。
最近は、パソコンで他人のブログやホームページを
のぞく時間が、楽しみでもあり、時間の無駄だとも思うようになってきた。

そして読書も。本を読むことが好きなので、いつまででも読んでしまう。
そうすると、インプットする時間だけ費やすことになり、自分の夢をかなえる
ためのアウトプットの時間がなくなってしまう。

誰にでも同じ24時間。
「時間を制するものが人生を制する」って言うものね。
[PR]
by karamasuu | 2006-02-23 10:21 | 出来事