カテゴリ:知識( 54 )
居酒屋ノート
新橋にある居酒屋さんには、高校別に書き込みができる居酒屋ノートが2000冊以上あるそうだ。
ネットで調べてみたら私が卒業した高校のノートもあった。
いつか行って、先輩や後輩の書き込みを読んでみたい。
高校って、たった6クラスで3年間のつきあいだけれど、いまだに男女仲良く、年に何回も集まっている。
あの頃はあまり感じなかったけれど、素晴らしい出会いであり、今は存在が宝物になっている。
これからもずっといつまでも楽しく飲み続けたい。
たまには夢をかたり、たまには愚痴り、弱音を吐き、笑い、泣き、そんなことができる宝物に感謝。
[PR]
by karamasuu | 2013-03-31 15:33 | 知識
英語の略語
またアメリカ人の知人のFBに英語の略語が載っていました。
TGIF はThank God It’s Fridayだって。
LOL は、Laughing out loud で爆笑だって。
[PR]
by karamasuu | 2012-07-07 08:16 | 知識
WTH
フェイスブックでアメリカ人の知人が「WTH」と感じることはありますか?と
書いてあってどういう意味かと思ってネットで調べたら
「What the hell」の略でした。
今、アメリカ人は日本人と同じように略語をたくさん使うのですね。
[PR]
by karamasuu | 2012-07-07 07:49 | 知識
Hello毎日かあさん
月曜から金曜の朝6時40分から5分間、毎日かあさんの漫画で英会話の勉強をする番組があると新聞に載っていた。
さっそく毎日録画して娘に見させることにした。
継続は力なりで毎日続けることが大事。
以前、アメリカ留学中にバイリンガルのように発音のよい日本人の男の子がいた。
その子はバイリンガルではなく、日本からの留学生だった。
どうやって英語を勉強したか聞くと、日本で毎日ラジオの英語会話を聴き、それを全部覚えたそうだ。
高い教材を買わなくても、簡単にできる英語の勉強方法はいくらでもある。
私も、以前はフルハウスを英語で見ていたが、もうその番組は終わってしまった。
今、20分くらいのちょうどいい番組がなくて残念。
英語は大好きだから死ぬまで勉強したい。
[PR]
by karamasuu | 2012-05-11 08:16 | 知識
依存の読み方
私は、「依存」は、「いぞん」と読むとずっと思っていました。
今、テレビで「いそん」とアナウンサーが言っていたので、
「あらら、この人間違ってる」と思ったら、他のアナウンサーもみんなそう言っていました。
ネットで調べたら、「いそん」の方が優先的な読み方らしい。
学校ではなんて教えていたのだろう。多分「いぞん」だろうな。
[PR]
by karamasuu | 2012-03-12 08:56 | 知識
夢=時間
英語の「Do it」という本の日本語訳を読んだ。
その中で、夢=時間と書いてあった。
確かに。
いくら夢をもっていても、その実現のために時間をうまく使わなければなにもならない。
失敗を恐れず、やるしかない。
[PR]
by karamasuu | 2012-03-02 20:53 | 知識
ベニシアさん
イギリス人のエッセイストがテレビでいいことを言っていた。
Difficulties make you a jewel
困難があなたを宝石のように輝かせる
いい言葉だな
[PR]
by karamasuu | 2012-02-29 09:18 | 知識
aka
アメリカがやくざの資産を凍結するというテレビのニュースを見た。
yakuzaを他の英語の言い方で言うとき、akaなんとかと言っていた。
さっそくネットで調べるとaka は、also known as の略
で別名という意味だそうだ。
知らなかった。
ひとつ賢くなった。 
[PR]
by karamasuu | 2012-02-24 22:17 | 知識
オブラ・ウィンフリー
本を読んでいて、勝間和代さんが「オブラ・ウィンフリー」を尊敬していると知った。
恥ずかしながら、私はそれが誰か知らなかった。
彼女は、アメリカで、みのもんたのような黒人の司会者だそうだ。
十代の未婚の母の元に生まれ、子供の頃レイプされ、十代で妊娠したが、
とても頭がよく、大学に行った。
資産家で、偉大な慈善家だそうだ。
さっそく彼女に関する本を借りた。
私も将来は、慈善家になりたい。
[PR]
by karamasuu | 2011-12-23 09:34 | 知識
やなせたかし
アンパンマンの歌が、被災者をはじめ、日本中の人に勇気を与えている。
私も、ラジオから流れる歌を聴いて、励まされた。
この歌を作詞したやなせたかしさんは、「てのひらを太陽に」も作詞している。
生きることの大切さを訴えている。
今は辛いだろうけれど、生きていれば必ずまた笑える日はきます。
私も、夫ががんになり、亡くなるまで、もう心から笑える日は来ないのではないかと思ったけれど、
時間薬はすごいです。
生きていれば、必ずまた、いいことがあります。
48歳で亡くなってしまった夫をそばで見てきて、どんなことがあっても、どんな状態でも
生きてさえいればいいと思いました。
生きていれば、桜を見て美しいと思えるし、子供たちの成長を喜ぶこともできます。
泣くだけないて、そばの誰かに甘えて励まされて、少しずつ元気が出たら、
笑う努力をして、また前を向いて歩いていけるはずです。
生きていればいろいろなことがあるけれど、どんなことがあっても乗り越えるしかありません。
それが生きるということだから。
[PR]
by karamasuu | 2011-03-26 10:26 | 知識