「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:作詞( 9 )
天国のあなたへ
娘がいつか結婚するときを思いながら作った詩です。
曲もつけたので、いつかCD化するのが夢です。

「天国のあなたへ」

月と星がきれいな夜 天国のあなたに話しかける
あれから15年が過ぎ 愛娘は嫁ぎます
幼かった子 きれいになり あなたに似た人を選びました
二人で幸せ掴むでしょう 今宵シャンパンで乾杯

涙と笑顔繰り返しながら なんとか今日までこれました
あなたが守ってくれたから 今日の幸せをありがとう

Happy wedding Be happy foever
どんなに辛いことがあっても 二人なら乗り越えられる
だから笑顔忘れないで

教会の扉開いて ウェディングドレスのあの子がいる
バージンロードあなたの替わり 立派になった息子
私が抱いてる写真 あなたはいつも笑顔のまま
もし今ここにいたならきっと 嬉し涙ながすでしょう

涙と笑顔繰り返しながら なんとか今日までこれました
あなたが守ってくれたから 今日の幸せをありがとう

Happy wedding Be happy foever
どんなに辛いことがあっても 二人なら乗り越えられる
だから思いやり忘れないで
[PR]
by karamasuu | 2016-10-16 22:06 | 作詞
死なないで
自殺者が3万人で、交通事故より多いという異常な国、日本。
食べるものがなく、餓死する国もあるというのに。
贅沢せず、ただ生きるだけなら、誰でも幸せに生きられるはずなのに、人間の心とは
複雑なもので、いろいろなことを考え、自分を余計に苦しめてしまう。

死にたいと思っている人に捧げる歌

「死なないで」

どうしてみんな
そんなに死に急ぐの
生きたくても生きられない人もいるのに
人はみな母から
生まれてくるものさ
あなたがこの世に生まれたとき
喜んだ人がいる

リストラされたり友達からはぶかれたり
消えてしまいたくなることも時にはあるけど
死んでしまったら 何もないところへただ一人
まっくら闇で寂しいところ もう誰にも会えない
いくら辛いことがあっても いつか時が解決するさ
今が辛く悲しくても また笑える日はくる
死ぬ気でやればなんでもできる
死ぬ勇気があるなら
生きる勇気ももてるはずさ
死なないで生き抜いて

人のせいにしたり 社会のせいにしたり
どうにもならなくなることも時にはあるけど
うまくいかないこと考えるくらいなら
うまくいく道を考えて未来を信じて
いつも心に夢をもって きっと未来が開けるから
感謝の気持ちもってごらん 優しくなれるから
愛する人を探しにいこう
死ぬより大事なこと
人のために生きてみよう
命を無駄にしないで
[PR]
by karamasuu | 2006-06-09 10:55 | 作詞
結婚記念日
19回目の結婚記念日。
夜は、家族でアメリカ料理のおいしい所へ食べに行こうと息子に言ったら
「面倒くさいからいや」と言われてしまった。
午前中は部活で、午後はどこかへ遊びに行った。受験生なのに。

結婚20周年の歌を作った。

「結婚記念日」

二人で一緒に選んだ ベールの長い純白のドレス
ウエディングベルを鳴らしたとき 一緒にいられる幸せ
たくさんの祝福受けて 変わらぬ愛を誓った日から
早いもので20回目の二人だけの記念日
若かった二人も白髪としわが増えて
たまにはけんかもしたけど
二人で寄り添ってきたね
赤ワインあけて乾杯しましょう
あの頃よく聞いたレコードかけて
もう一度あの頃を思い出して
二人の愛よ永遠に

初めての子供が生まれ 二人で感動した夜
ろうそく立てて いったい何回 ハッピーバースデーしたでしょ
子供たちのがんばりと 笑顔と寝顔元気をくれた
家族でつくった思い出いっぱい 辛いこと吹き消す
子供はみな それぞれ この家から巣立っていく
また夫婦二人だけの 暮らし始まるよろしくね
赤ワインあけてキャンドル灯して
たまにはアルバムでも開きましょう
子供からメールが届いている
おめでとう 20年 花束マーク

これまでの幸せをありがとう
こんなわがままな私と一緒に
これからもずっと二人仲良く
いついつまでも一緒にいてね
[PR]
by karamasuu | 2006-04-29 13:03 | 作詞
がんよ、ありがとう
4月も半ばだというのに、今日は本当に寒い。
こういう日は、気分まで沈みがち。

生きているだけで、ありがたく幸せという曲をつくりました。
そういえば、49歳で絵門ゆうこさんが亡くなった。
早すぎる死だ。50歳までに子供も生みたいとテレビで話していた。
がんで、もうすぐ死ぬとわかっていたのに、とても笑顔が素敵だった。
ご冥福をお祈りします。

「がんよ、ありがとう」

まさか自分ががんになるなんて 誰が想像したでしょう
悪夢 絶望 不幸のどん底 神様を憎んだ日々
たった4歳のあなた残して この世を去るなんて
不安 悲しみ 見せたくなくて あなたの前で笑う
あなたの笑顔と成長を見たくて
あなたの子供にも会いたい
神様お願い 私を生かして
心からそう思った
病になって健康である
当たり前がただ嬉しい
人生なんていろいろあるさ
不幸につけこまれるな

幸いがんから生き返った私 命の尊さを知る
生きているただそれだけで 幸せと思うから
離れて過ごして始めて気づく 大切な家族のこと
心のよりどころあるという 幸せな自分を知る
たった1度の人生だから 
好きなことに挑戦したい
この世に生きるということは
人生を楽しむこと
幸せなんてどこにでもある
感じる心さえあれば
今言える 心から言える
がんになってよかった

幸せなんて待っていてもやってくるものではない
不幸とは逆に待ってなくても誰にでもやってくる
1度限りの命だから
幸せの種をまきたい
これからもずっといついつまでも
楽しく暮らしたいから
がんになって ありがとう
[PR]
by karamasuu | 2006-04-11 14:11 | 作詞
Never give up
息子は、朝から練習試合に出かけ、娘は近所の男の子二人と朝から遊んでいる。
途中、お昼におにぎりを作ってと帰ってきて、また出かけて行った。

私と夫は、近所でお酒を飲みながらお昼を食べて、DVD鑑賞することにした。

我が家の子供達は、たくましく、自分から友達を探したり、楽しみを見つけるタイプ。
これからも自分のやりたいことを探し、突き進んでほしい。

夢をもてないすべてのこどもたちに捧げる歌

「Never give up」

Never give up  Never give up
弱気になってどうする
やるか やらないかは 全部自分次第
Never give up  Never give up
諦めてどうする
だめでもともとなんだから 突き進め

友達とけんかしたり テストで0点とることもある
誰でもみんなそうさ 挫折しながらBigになる
夢を諦めた日かから つまらない毎日が始まる
笑われる夢 大きな夢 なんでもどんとこい
弁護士 医者 歌手 野球選手
なんにでもなれる
やる気で頑張ればできる
夢は叶う
まずは最初に何を始めるべきか
考えてそれから行動してみよう

Never give up  Never give up
未来は輝くはず
愛と希望でキラキラとまぶしいくらい
Never give up  Never give up
やりたいことを探して
できることを一歩ずつ踏み出そう
友達とつるんだり 人と同じことをしていても
自分を出せない 一人の時間も大事なもの
得意なこと 好きなこと ひとつくらい誰にでもあるさ
時は金なり 無駄にせずに 継続は力なり
看護士 ダンサー 画家 漫画家
なんにでもなれる
くじけそうになることも
誰にだってあるさ
なりたい自分の姿 想像するだけで
ワクワクする それがやがてやる気に変わってく

Never give up  Never give up
何もせずに終わったら
きっと後悔するよ つまらない自分に
Never give up  Never give up
失敗だってオーケー
やるだけやったら悔いはない 完全燃焼

Never give up
Never give up
失敗は成功の始まり
たくさん失敗すれば
大きな成功ある
[PR]
by karamasuu | 2006-04-02 14:42 | 作詞
もしも・・・
人間なんていつ死ぬかわかりません。
もし、私や夫が死んだとしても、子供たちは雑草のように
たくましく、そして楽しく生きていってほしいと願っています。

この頃思うのですが、本当に良い親とは、子供に良い経験も悪い経験も
たくさんさせてあげられる親のような気がします。

悪い経験は、わざわざさせるのではなく、普通に暮らしている中で
起こってしまう出来事です。例えば、社会や人から理不尽な思いをしたり、
友達とけんかしたりなど。親が先回りして悪い経験を除いてしまうのではなく、
その経験をさせてあげられる親のほうが結果的には良い親のような気がします。
もちろん、親が出ていって守らなければならない場合もあるし、それはケースバイケースですね。経験値の高い子供は、生きる力があると思います。

「もしも・・・」という曲を作ってみました。

もしも パパとママが 死んでしまったとしても
そんなに 泣かないで 悲しむ顔 見たくないから
心の中でいつまでも 生き続けてくから
大丈夫 あなたのそばに いつもいてあげるよ
今まで 一緒に過ごした
時間が何よりの財産
笑ったり怒ったりしたこと 忘れないでほしい

悩んだりつまずくこともある
うまくいかないことだってあるけど
無駄になることはなんにもないはず
すべては これからの糧になる

いつも人のせいにしたり 怒ってばかりいても
幸せはやってこない 不幸が増すだけ
まずは 感謝してごらん そして笑ってごらん
いつの間にか 幸せが 自然にやってくる
この世に生きるということは
楽しく幸せになること
いつ死ぬかわからない人生 夢をもってごらん

パパとママがもし死んだとしても
あなたたちに子供が生まれれば
後姿見て覚えたことは
自然に引き継がれていくもの

パパとママが出会い 愛したように
素晴らしい人に出会ってほしい
恋が愛に変わるその時に
本当の幸せ見えるはず
[PR]
by karamasuu | 2006-03-27 14:33 | 作詞
いつも いつも ありがとう
毎日、一生懸命働き、私や子供を養ってくれる
夫には、いつも感謝しています。
が、その気持ちを表すのが照れくさかったり、
態度に表しにくいものです。
なるべく言葉や態度で表すようにはしていますが・・・

こんな曲を作ってみました。

「いつも いつも ありがとう」

朝早くから 夜遅くまで
働いてくれて どうもありがとう
体にだけは 気をつけてよね
健康が第一だから
いつもいつも 私の愚痴を
聞いてくれて ごめんなさいね
なんといっても あなたは私の
親友なのだから
大好きなあなたと結婚して
家族に囲まれて暮らしてる
たったそれだけのことだけれど
とても幸せな私
生きていれば これからもきっと
辛いことがあるでしょうけど
あなたと子供達がいてくれる
だから大丈夫でしょう

子供達のあちらこちらに
あなたの面影見え隠れする
あなたと私の宝物である
大切な子供達よ
これから先 きっと彼らも
素敵な人に出会うことでしょう
そしていつか 孫を抱く日が
今から楽しみです
大好きなあなたの子供を産んで
家族に囲まれて暮らしてる
たったそれだけのことだけれど
とても幸せな私
あなたはもう若くないから
体にだけは気をつけてよね
野菜食べて運動してね
そして 飲みすぎないで
[PR]
by karamasuu | 2006-03-16 14:35 | 作詞
輝くため
最近、曲作りに励んでいる。
詩とメロディを考える時間がとても楽しい。

これは、数年前に書いた詩。
メロディもつけ、曲となったが、披露できる場所がないのが悲しい。

「輝くまで」

心と体が疲れたときは
心の空気入れ換えて
人生のリセットボタンを押そうよ
何度でもやり直せるから
大空と海の大きさ思い
自分の小さな存在に気づく
宇宙から見ればささいな世界
つまらない悩みと知る
文明が人間の首絞めている
シンプルな生き方をしてみたい
この世の中に絶対などない
物に縛られずこだわることなく
大切なのは心の平穏
愛に満たされて暮らしたい

希望や夢がもてなくなったら
新しい自分を探しにいこう
夢を捨ててしまうことはきっと
人生を捨てることだから
自分が子供の頃を想い
純粋な気持ちを取り戻したい
もう一度新しい夢をもちたい
自分が輝くため
人間は愚か者繰り返す歴史
何度でも同じ過ち犯す
この世の中に絶対などない
信じてた人にまで裏切られる
悲しみの後は強く優しくなれる
どんな時も前に進みたい
[PR]
by karamasuu | 2006-03-10 16:26 | 作詞
親ってありがたい
私の父は車で1時間くらいの場所に住んでいる。ときどき「日経ビジネス」や週刊誌など、読み終わった雑誌、今売れている本の切り抜き、病気にならないための切り抜き、それにお菓子などをもってきてくれる。そして、ときには一緒にランチに行く。今日も息子は部活の練習試合でいなかったので、娘と三人でイタリアンを食べに行った。本当に子供思い、孫思いのすばらしい父親で、頭が下がる。私は何も親孝行と言えることをしてあげていないが、二人の孫を見せてあげられたのが唯一の親孝行かもしれない。

そして、母は、私が作った、親への感謝の歌がとても好きだ。
「今日までありがとう」という歌で、曲も作った。
結婚式にぴったりの歌だと思う。

「今日までありがとう」
舵のきかない舟をいつも
あたたかく見守る港でいてくれた
大きな愛で包んで信頼しながら見守ってくれた
わがままばかり言ってごめんね
たくさん心配かけてごめんね
あなたたちの子供に生まれたことが
幸せであり自慢でした

舵のきかない舟を今度は
あたたかく見守る港になります
まだまだこれからもきっと
心配をかけてしまうでしょうけど
これからは灯台になってください
光を灯して導いて
あなたたちの子供に生まれたことが
幸せであり自慢でした

いつまでもいつまでも
二人仲良くずっと元気でね
照れくさいけど今日まで
育ててくださりありがとう
本当にお疲れ様でした

この歌のようにいつまでも二人仲良く、ずっと元気でいてほしい。
[PR]
by karamasuu | 2006-01-28 16:38 | 作詞