でんでんむしのかなしみ
夫が亡くなり、4年間がんばってきたけれど、ここのところ心配ごとが多く、
苦しかった。
どうやったらこの心の重みが収まるのだろうと思っていた。
しっかりした睡眠もとれなくなっていた。
そんなとき、テレビで皇后さまが一冊の絵本について語っていた。
皇室に嫁いで、辛いことも多かった時、出会った絵本で、その本に出会って変わることができた
みたいなことを語られ、本の中の文章を紹介していらした。
「でんでんむしのかなしみ」という絵本で、一匹のでんでんむしが、殻の中にはかなしみがいっぱいで
生きていくのも辛いというようなことを他のでんでんむしに言うと、僕もそうだ。誰でもそうだ
みたいなことを言ったそうだ。
皇后さまにも、でんでんむしにも、誰にでも生きていれば苦労はあるのが当たり前だと思ったら、ストンと心の中の重みがなくなった。
人間って単純なものだ。本当に考え方ひとつで変わる。
さっそくその本を読みたくてネットで手配した。
届くのが楽しみ。
[PR]
by karamasuu | 2014-04-13 08:22 |
<< 林芙美子記念館 ハナミズキのみち >>