Gacktが好きになった
Gacktという美しい男性歌手がいる。
以前は大して興味がなかったが、あるテレビ番組を見て思わず涙し、ファンになった。

Gacktのラジオ番組に、ある高校生の男の子から相談が寄せられた。
その高校には他校にはない学科があるが、生徒が少なく、存続の危機にあり、
どうしたら存続できるかという相談だった。
Gacktは、「まずは上級生がしっかりと生きる姿を見せることが大事」というようなコメントを
し、もし存続できたならその子の卒業式で歌を歌いに行くという約束をした。

そして、その学科は存続し、Gacktは卒業式で歌を歌った。
「野に咲く花のように」という歌で、歌詞もメロディもすばらしく、その卒業式のために
急いで作った曲らしい。
「いつか見た夢の場所へたどり着くまであきらめないで
 まだ名もない花だけど 決して負けず 強く咲きたい・・・・・・」

Gacktは、壇上からその高校生に「約束果たしたからな」と言った。
かっこいー。
さらにこう言ったそうだ。
「夢は見るものじゃなく、叶うもの。
 叶えるために強く意思を貫くこと。君たちの未来に期待する。」
 顔もああだし、かっこよすぎ。

このテレビの数週間前に、私はたまたまGacktが書いた本を読んでいた。
美しいお顔と異なり、昔はかなりやんちゃで、けんかもたくさんしたそうで、
夢を追って歌手になったことが書いてあった。
男のロマン、男意気が感じられる本だった。

Gacktファンになった私は、これからまた楽しみが増えた。
[PR]
by karamasuu | 2006-03-04 15:59 | テレビ番組
<< 思い出 唐麻好ホームページができました >>